安全・安心への取り組み

宮島醤油は、美味しくて安全な食品をお客様に提供するために、商品の研究開発から製造・販売において品質管理・衛生管理を徹底し、食品に関するすべての法令を遵守します。


品質保証室

「品質に対する責任」、それは、モノづくりに携わる者にとって何よりも重要なことだと弊社は考えています。この意志のあらわれのひとつが、社長直属のセクションとして設置した品質保証室です。これは、宮島醤油の全製品のクオリティについて、トップ自らが責任をとるとともに、万一の場合にスピーディーで的確な対応をとるための体制づくりを行っています。

品質管理

製品における品質には、大きく3つの要素があります。第一は、厳重な衛生管理に支えられた「安全性」という品質。第二は、現状に満足することなく、常にさらなる“おいしさ”を求め、また健康により貢献することを求め続ける「味と機能の先進性」。そして最後は、「使いやすさ」や「食べやすさ」を追求する「利便性」という品質です。

品質管理室

この3つのなかでも、弊社が最も重視し、力を尽くしているのが、第一に掲げた「安全性」です。

宮島醤油では製造の全工程を分析し、危害の起こり得る工程を「重要管理点」に指定して、その部分を特に厳重に管理しています。「重要管理点」では、製造ロットごとに厳しい検査が行われ、異常がないことが確認されたものだけが次の工程に進むことができます。また、重要管理点以外でも、工程ごとに製造工程を手順化し、検査記録を残すことで、製造過程で発生する異常に迅速に対応できるようにします。このようにして、危害の発生する可能性を限りなくゼロに近づける努力を続けています。こうした手法はHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point=危害分析と重要管理点方式による食品の高度安全管理方式)と呼ばれ、宮島醤油では三工場全体にこれを広げています。

菌検査

食塩量の分析検査

包材の強度測定

官能検査

糖度検査

検査記録

SQF認証取得

宮島醤油ではさらに徹底した品質管理を実現するために、HACCPの手法とISO 9000sの管理手法を取り入れた国際規格SQF(Safe Quality Food)の国際認証を三工場で取得しています。

SQFの勉強会

SQF(Safe Quality Food)とは、食品の安全性と品質を確保するための国際認証システムです。経営管理と品質管理の国際認証としてはISO(International Organization for Standardization)9000sがよく知られており、いっぽう、食品の安全確保の手法としてはHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)が知られています。
 SQFは、ISO 9000sに準拠した経営管理を基礎として、それに食品の衛生管理・安全管理手法としてのHACCPシステムを取り入れたものです。比較的新しい品質保証システムですが、食品工業にとって、今後の世界標準となることが期待されている管理システムです。

本社SQF

本社工場

2012年5月7日、調理済み食品(スープ)部門でSQFの認証を取得しました。

妙見SQF

妙見工場

2016年7月13日、調理済み食品製造部門、レトルトパウチ食品部門でSQFの認証を取得しました。

宇都宮SQF

宇都宮工場

2005年4月5日、SQF 2000の認証を取得しました。缶詰・レトルトパウチ食品の部門ではわが国初のSQF 2000認証取得工場となりました。さらに、2012年に缶詰・レトルトパウチ・冷凍・冷蔵の各部門全製品で認証を再取得しました。